シェアリビング ことはじめ

e0197823_22112241.jpg


今週末に 現代の公民館的存在!を目指して素敵なカフェをされているソーシャルキッチンさんの
2階で、今回の震災で非難されてきた方を含めた 
京都に住まう者同士の日常のあれやこれやをお茶して語らう会を催します。

詳細はこちらのサイトへ 「京都へようこそ」



さて でんかハウスでの日々のシェアリングはもっともっと輪を広げて、
みんなの日常をなんとなく共有したら さらに素敵な日々になるんじゃないかと考えます。

こんな事教えてあげたい!とか こんな事知りたいとか、
なんか 今まで知らなかった人と話をしてみたいとか、
そんなお気持ちがあればぜひご参加ください。
もちろんなんとな~くお茶のみに行こうかなでも歓迎です。

出来ればゆっくり長く続けていけたらいいなと思いますので
今回タイミングが合わない方は是非次回にでも。(まだ次回開催日時は未定ですが)


ただ 今の目的の一つとしては、今回の震災を受けて、何かしらのきっかけでこの地で滞在することに
なった方々と地域の方をつなげたいという思いがあります。
今回の震災でなかったにしても、この地に観光に来たのではないという方にとって、
普通の日常を共有できる場所があれば
少しはお役に立てるのではないでしょうか。

そしてそんな方から、普通に暮している自分達の日常も
何かの刺激を受けるかもしれません。

さらに そんな風に周りの方と何気なくはじめる語らいが
日々に追われがちな現代人にとって 
実は結構大切な時間かもしれません。



どうぞ ご支援宜しくお願いします。

denkahouse.m
[PR]
# by denka-house | 2011-07-26 22:12 | 3.11以降の試み

七夕

e0197823_2058425.jpg


e0197823_20594873.jpg


今夜は七夕です。

あいにくの雨です。


願い事が社会的になってる自分・・・。

仕方なし かな。



梅雨の日の朝

e0197823_2102822.jpg


denka.m
[PR]
# by denka-house | 2011-07-07 21:00 | 日々

上映会の報告

報告が遅くなりましたが、6月の初めに でんかハウスでAkiさんとともに内輪の上映会をしました。
今回は小規模でしたのでブログには前もって告知できませんでしたが、
次回は是非とも広く参加を呼び掛けたいと思います。

e0197823_2240634.jpg

梅雨に入ってから表の土間スペースでは水のインスタレーションをしてありまして、
その隙間をぬって、映像を上映しました。

若干、ひとつの水風船が字幕のラインに重なって気にならなかったわけではありませんが、
皆さまの寛大さでなんとか無事 天井から浮遊するオブジェ達と共存できました。


今回はAkiさんからの紹介で、あるDVDを上映しましたが、
内容は放射性物質の採掘場をめぐるお話し。

日本での大震災後まだまだ先行きがしっかり見えず、
みんなが各々の中で何かしらの不安を抱えながらも、日常を送っているのではないでしょうか。
最近自分の生活の仕方も少しづつ見直し始めております。
電気をできるだけ消してみる。
できるだけ自分の飲み物を作ってみる。
できるだけ窓を開けて風の流れを考えてみる(クーラーが無いからだけど。)
シャンプーをどれにしようか考える。
重層とアミノ酸を買ってみる。


そうやって日々、大したことをしてないかもしれないと思いながら、あれこれ挑戦しては
自分の怠惰さに情けなくなったり。

そんな中で、この採掘場の話をみたら、視野がぐっと広がりました。
京都の事、日本の事を旅人のように外から見れたきがします。
たぶん地球全体を俯瞰してみたような感じです。

たとえば数年前から沢山の異常気象が起こっている事。
いつの間にか、人類は解決の方法がわからない問題を沢山作り出してしまっていた事。
近年、歴史上では無かったような出来ごとが各地で沢山起こっています。

気が付いたら、自分は今の世界が当たり前のように存在していると思っていた事。
でも、今の世界・社会はみんなで作り上げてきたもので、
その方向は自分達によって変えていけるものでもある事。
さらに こうして作ってきた今の世界には、今いる人みんながある責任を背負っている事。

そう思ったら、各都道府県や、国、人種なんて全く関係なく、
現代人としての未来人への責任ていうのがあるんだと思いました。


それはいわば自分の子供や孫への責任。

まだ自分の子供はいませんが、自分には祖母も母もおります。

自分たちは少なからず先祖からの恩恵と愛情を受けてきたことを実感できます。
だから まだ見ぬ子供への想像もできます。

今回の映像は、そんな 長い長い過去と 未来とを同時に考えさせられたものでした。
つまり、視野が広がったというのは空間的な視野とともに、時間を超えた視野が前後に広がったんだろうな。


今後、再びこの映像の上映機会を作りたいともいますのでその際は是非お越しください☆

denka.m
[PR]
# by denka-house | 2011-07-01 22:45 | 報告

旅立ち

先週末 denkahouseで少しの期間同居しましたAkiさんが、旅立たれました。

今回の大震災後、Akiさんは仙台からdenkahouseへやってこられました。
そしてこの旅、京都市の供給する住宅へ引っ越しされます。

3月11日から3カ月が経ちますが、
ふりかえると、震災後、思わぬ出会いが沢山ありました。

急な事にも関わらずお布団を貸していただいた方。
一時避難者受け入れのノウハウ等を情報整理していただいた方。
Akiさんと同じく仙台や東北から一時的にでも京都へ来られている方々。

また今回を機に、いままでの自分の生活をもう少し丁寧に見直し始めております。

その中で、既に素敵な生活を実践されている方々。
有機野菜を育てておられる方々。
自宅で食堂をされてる方。
ドイツから強い思いを持って被災者を励ましに来られた方。

そんな沢山の出会いがあって、それに感謝しながら、
今回次なる一歩となるべく出発をされるAkiさんのご報告をこのブログでさせてもらいます!

さらに引っ越の日にも新たな出会いがありました。

More
[PR]
# by denka-house | 2011-06-08 22:27 | 報告

Water Installation @ denka

e0197823_21451374.jpg


今年もひっそりと始まりました☆
毎年恒例!この時期のdenkaハウス
日常きまぐれインスタレーションです。
ブログのイメージ画像に使ってますのは去年の模様。



ふつ~に飾ってますので通りすがって誰かおりましたらお声かけて下さい☆
是非 きまぐれに おこしやす。(居合わせればLucky!)


Installation by S@でんか
Message by M @でんか
[PR]
# by denka-house | 2011-06-08 21:49 | event

Pettie Paradise

私ごとですが、先日ふと、
Radのトークイベントに行ってまいりました。

そこでは公共空間について、若手建築家によるディスカッションがなされていました。

日本社会では公共空間を所有する っていう感覚が薄いのではないか という話。

電車の中の公共空間では人に迷惑をかけないようにする。そんな話題を受けて黙々と考えました。

公共空間は他人に迷惑をかけない場所 ?

いつの間にか 公共空間では他人に関わらない場所 ?になってないか…

いつの間にか 屋外空間では他人とコミュニケーションをとらないように なってないか。

でも本来、公共の空間は、公の、みんなの共有の空間であるなら、皆が自由である空間。

自由な空間で何をしてはいけないのだろうか。

私は、他人を無視しちゃいけないと思う。

他人の存在を認める空間。

そう思ったらふと、denkaハウスのガレージセールのひと時は素晴らしく公共的だったじゃないかと、思いました☆

そこにいる人皆が全く異なることをしているけれど、そこに皆がいる姿が嬉しいし、一人ひとりの存在を大切に感じながら時を過ごせていたと思う。

それはつまり、個人個人バラバラなことをしながら、

でも、一つの小さな場所と時間を共有したという体験。

まさにシェアしたんだと。

今の公共空間は個人を無視し得る空間な気がする。


冒頭の、

「所有している感覚」っていうのは「シェアしている感覚」というのと少しニュアンスが違うような気がする。
でも何が違うんだろうか。

所有という言葉だけではパラダイスにはなり得ない。
自分の言うこのパラダイスとしか表現の出来ない空間は一体何なのだろうなぁ。

つれづれ つぶやきで失礼しました。 denka.m

参照過去ブログ:ガレージセール
[PR]
# by denka-house | 2011-05-18 01:24 | 日々

フィリピンと日本の架け橋 ドキュメント上演会の報告

先週末にでんかhouseにてNPO法人ブリッジ・フォー・ピースbridge for peace
のJさんにお越しいただいてフィリピンの戦争犠牲者と元日本兵の方々の体験をビデオメッセージ
にした映像を見ました。
1941年から1942年の大東亜戦争(太平洋戦争)緒戦における日本軍のフィリピン進攻の際の
双方の体験者のメッセージビデオで、
恥ずかしながら、今回初めてこの戦時中の日本軍の海外出兵の歴史の一つを知りました。

e0197823_045882.jpg


e0197823_045459.jpg


e0197823_0452892.jpg




終戦の1945年から今年で66年。
当時20代だった方は既に86歳を超えられているので、その貴重な体験談を直接聞ける時間も
限りがあることに気付きます。

伝統工芸の継承や町並みの存続についてもそうですが、

戦争経験者の大事なお話をきけるのにも時間的な危機感が迫ってきているのだという現状を
再確認しました。

ただ、逆に66年たった今だからこそ少しづつ語り始められる事もあるのかもしれません。

またひとつ 自分のまだまだ何にも知らない領域があることを知り、
感慨深いdenka houseメンバーです。

また 別の機会をもうけて、もう少し多くの方にも是非ご覧頂けたらと思います。

いつもいつも思うことですが、大事な友人たち、家族、知人にこそ、観てもらいたいと思います。

また、もしdenka houseで何かイベントや上映会をしている際は、途中からでも是非飛び入りで
参加ください☆

ちなみに今回も素敵な飛び入りの紳士がおられて、それだけで心躍りました。

まだまだ言葉にならない感情がありますが、
とにかく 今回開催できたことに感激、感謝します。
ありがとうございました☆☆☆

denka.m

BFPインタビュー:
http://bridgeforpeace.jp/interview.html
[PR]
# by denka-house | 2011-05-17 00:42 | 報告

〜 BFPビデオメッセージ上映ワークショップのご案内 〜

こんにちは、現在でんかハウスに滞在中のakiです。

明日、でんかハウスでは以下のイベントがあります♪
フィリピンと日本の戦争体験のインタビューを双方の国で上映して、
両者の平和の架け橋となる活動をしている
NPO法人ブリッジ・フォー・ピースのイベントです。

以下、詳細です。
興味がある方はぜひお越しください☆


以下、転送歓迎です
--------------------------------------------------------------------
 〜 BFPビデオメッセージ上映ワークショップのご案内 〜

皆さん、初めまして。
戦争体験者のメッセージ記録とワークショップを行うNPO法人ブリッジ・
フォー・ピース(http://bridgeforpeace.jp)です。BFPは、フィリピンの
戦争犠牲者と元日本兵の方々の体験を聞き取り、ビデオメッセージによって
両者を結ぶ活動から始まりました。

普段は関東を拠点としていますが、この度、京都での上映が実現する事と
なりました。直前の告知で申し訳ありませんが、ご都合つく方限定10名
での開催となりますのでお早目のご連絡をお待ちしています。

ご一緒に被害を受けたフィリピン人の方々、そして元日本兵の方の、今現在
の生の声に耳を傾けてみませんか。

--------------------------------------------------------------------
日 時:2011年5月14日(土) 16時開場 16時半〜
場 所:でんかハウス(京都府京都市東山今道町264-2)
    ウェスティン都ホテルの向かいです。
    でんかハウスと書かれた看板を目指してください。
最寄駅:蹴上駅
参加費:500円(お茶代こみ)
お申し込み:workshop*bridgeforpeace.jp  
      *を@に変えて送信してください。
--------------------------------------------------------------------

ご参加をお待ちしています!


★参加した方からは、次のような感想が聞かれます。
-------------------------------------------------------------------
・ビデオメッセージで日本とフィリピンをつなぐという、これまでにない
 取り組みで希望を感じました。
・戦争体験者の生の声を聴き、あの戦争を身近に感じられるようになった
 気がします。自分も平和な社会に向けて何か動きたいと思えました。
・戦争体験者の方々の「なまの声」を聴くことの大切さ、そのために記録
 しておくことの重要さを痛感しました。
・とても勉強になりました。私の祖父も戦争へ行きましたが、何も話して
 くれませんでした。
・戦争って何だろうと考えさせられました。同じことをしても、戦争中は
 英雄だったり、戦争後には犯罪者だったり。一人ひとりの気持ちで考え
 ると、家族を殺されたり、戦争で何かを失ったりすることはとても悲し
 いのに、国やいろんな大きな力の前に立つと、飲み込まれてしまってど
 うすることもできない。それが普通のように起こってしまう戦争は、
 やっぱりおかしい!と思いました。
・過去を振り返ることは大切だが、振り返って止まってしまうのではなく、
 そして相手を責めるのではなく、この先どうしていくか。どうしなけれ
 ばいけないのかと前を向き、前進することが一番大切だと思いました。


★BFPとは…
-------------------------------------------------------------------
ブリッジ・フォー・ピース(BFP)は、フィリピンの戦争犠牲者と元日
本兵の方々の体験を聞き取り、ビデオメッセージによって両者を結ぶ活動
から始まった団体です。

戦争のない平和な社会を実現する為に、「過去」そして「現在」「未来」
と向き合い、アジアを中心に懸け橋を築き、国境を越えて多様な世代との
つながりをもつ場づくりを今後も広げていきます。

異なる意見が出会い、参加する一人ひとりによって相乗効果がもたらされ
るワークショップを通して【過去の戦争を知り、未来のかたちを考える
きっかけをつくる】ことが、BFPのミッションと考えています。
-------------------------------------------------------------------
[PR]
# by denka-house | 2011-05-13 22:00 | event

北村さん個展終了

北村さん個展終了しました。
大胆かつ繊細な美しい作品でした。
今回の作品は布の縦糸を抜いて描くという北村さん独自の方法で表現でされています。
自然光に透ける布地がとても綺麗でした。

GW中は天気に恵まれたので
通行される方で立ち寄ってくださる方も多かったことが嬉しかったです。

お越しくださった皆様ありがとうございました。


e0197823_21414960.jpg

e0197823_2220535.jpg

e0197823_22182091.jpg

e0197823_22183562.jpg

e0197823_22185055.jpg


写真:後藤さん 
ありがとうございました。
[PR]
# by denka-house | 2011-05-11 22:02 | 展示

4 .5月のイベント案内

4月24日

 旅するトランク雑貨屋 11:00〜19:00まで


5月1日〜7日 

 KITAMURA SACHIKO個展 


5月〜6月末 
 
 できれば でんかハウス1周年パーティー 
申し訳ありません。こちらのイベントは延期になりました。
また改めてお知らせします。
[PR]
# by denka-house | 2011-05-10 22:42 | event