カテゴリ:Live( 9 )

Soralis vol.06

Soralis vol.06


2014.05.03 19:00 Open  19:30 start @ Denka-house
Charge ¥1,000(inc.1drink)

久々のHeadphoneライブです。


e0197823_004894.jpg




About 20 headphones available but
You can also bring your own Headphone (1/4inch or 6.3mm stereo)





Pollen & Denka House present

"Solaris vol.06"
-Ambient Music & Video Art Event with Headphone-
at でんかハウス, Kyoto
http://denkahouse.exblog.jp/
2014.05.03 [sat] OPEN 19:00 / START 19:30
Charge : door. 1,000yen

About 20 headphones available but
You can also bring your own Headphone (1/4 inch or 6.3mm stereo)

more info : pollenrec@gmail.com
http://p0llenrec.tumblr.com/

Artists:

Hiramatsu Toshiyuki
http://www.hiramatsutoshiyuki.com/
https://soundcloud.com/hiramatsu_toshiyuki

Genseiichi
https://soundcloud.com/seiichigen
http://genseiichi.com/

Hakobune
https://soundcloud.com/hakobunemusic
http://hakobunemusic.jp/

ieva
http://p0llenrec.tumblr.com/
https://soundcloud.com/ieva


Time Painting :
Akito Sengoku
http://akitosengoku.blogspot.jp/
https://vimeo.com/akitosengoku

About :
Hiramastu Toshiyuki
Japanese electronic artist. In pursuit of his own style Hiramatsu uses computer software to create music influenced by Techno, Electronica and Post Rock. In 2012, Hiramatsu's first album "CHASM" was released on "shrine.jp" — a leading Japanese Electronica and Experimental music label. Hiramatsu also organizes "OWL", a series of outdoor events usually set on lakesides or near mountains. He's also responsible for a minimal techno party called "white"

テクノ、エレクトロニカ、ポストロック、コンピューター主にソフトウェアベースでの創作活動を中心に、独自の表現方法を追求するアーティスト。 2012年 日本を代表するエクスペリメンタル/エレクトロニカレーベル shrine.jpよりアルバムCHASMをリリース また湖畔や山中での屋外レイブパーティーOWLに加えミニマルテクノパーティーwhiteを主催する。

Genseiichi

He formed an improvisation audio visual unit “a snore” in 2006.
He started his solo career in 2011.
Using hardwares such as elekron, he brings you in his own way in an hypnotic borderline state, through loops on the edge between noise and pop .
His choppy waves shake your brain as a swell.
His sense and sound, a mix of his different influences such as rock, experimental, noise, drone, black music or contemporary music, and personal anger stimulate your synapse softly and violently.
He composes for theatre, dance, fashion show, film, animation.
In August 2012, he has released his 1st Album"Hello my friends. It's me.” from Kyoto based experimental electronic music label ‘shrine.jp’. He also joined his sworn friend moanyusky’s 1st album as mastering engineer.

2006年 impro audio visual unit "a snore."を結成。2011年よりsoloで活動を始める。elektronなどのハードウェアを駆使し、ヒプノティックでノイジー。かつ、ポップでクリティカルな反復とスタイルは、大きく新しいうねりを持ってあなたの脳を揺らします。また、ロックから実験音楽。ノイズ、ドローン、ブラックミュージックから現代音楽を通過したセンスとサウンドは、人間的な怒りとともに、やさしく乱暴にあなたのシナプスを刺激します。演劇やダンスの舞台音響、ファッションショー、映画やアニメーションの音楽制作もこなします。2012年8月に京都の実験電子音楽レーベルshrine.jpより1st Album"Hello my friends. It's me."をリリース。また、盟友moanyuskyの1st Albumにマスタリングエンジニアとして参加。


Hakobune

AKA Takahiro Yorifuji uses layers of guitar to create the
sonic landscapes.
He has released over 50 full length albums from the labels around the world.
Yorifuji is from a small town in Hyogo, Japan and currently resides in Tokyo.
"Rising out of nothing, Takahiro Yorifuji’s soundscapes drone are voyages into your deepest hopes and dreams. Music herself is a nebulous entity; she never hangs around for long. And then, like a cloud, she vanishes."

レイヤーを重ね合わせ、音風景を描く。これまでに50作以上のフルアルバムを各国のレーベルより発表している。


Samuel André a.k.a ieva [music] [France]

1978年生まれ フランス出身。京都を拠点に活動するマルチメディア・アーティスト。自主レーベル「Pollen」主宰。数学・認知科学・音楽インターフェイスの研究を経て、ieva / イエヴァのアーティスト名で音にまつわるプロジェクトへと発展させる。フィールド・レコーディングで採集した素材を重層的に構成する手法を用いた彼の作品は、聞き手の想像力を刺激し、印象的で感情的な宇宙への旅へと誘い出す。それらはさながら耳のために撮られた映画のようである。

さらに彼は実験的な映像作品もいくつか手がけている。抽象的で繊細な作品、デジタル・イメージ素材の操作 (ピクサライゼーション、圧縮処理…)、画面を分割した作品などといった抽象的で繊細なアプローチから制作を開始する。最近は自己生成や相互作用を主題とした作品に取り組ん
でいる。

2002年 "the Aquitain Film Music Competition"の実験映画部門にて初受賞。2011年 台湾 (Play Ground URS13)とマニラ (Fete dela WSK!)において2つのマルチメディア・インスタレーション作品を発表。2012年 実験的映像作家のJacques Perconteのために楽曲を提供する。2013年 最新
LP "il était une fois"がShrine.jpからリリースされる。


AKITO SENGOKU [TIME PAINTING, Visual]

1983年 静岡県浜松市生まれ。京都市在住。2004年より「時間に絵を描く」をテーマに、OHPを用いたヴィジュアルによるライブパフォーマンス"TIME PAINTING"をはじめる。宇宙や空、または細胞の世界を覗きこんだような抽象的なヴィジュアルイメージは、カラーインクやオイル、水などの液体を使って即興的に作られ、投影されている。まるで演奏をするかのように、3台のOHPを同時に操りながら紡がれる光による物語の世界は、レイヤー状に重なることで深く、より緻密に複雑に広がり続けている。

山本精一, ナスノミツル, Fernando Kabusacki, CINEMA dub MONKS, Shing02ほか国内外のミュージシャンや、小野雅子, 鈴木ユキオのほかダンサーや舞踏家などジャンルを問わず様々な分野の表現者とコラボレートを繰り返し、流れていく夜にまぼろしのような時間を浮かびあがらせている。

2010年、ギタリスト / コンポーザー 六弦琴とともにスウェーデン、ノルウェーを巡る北欧ツアーを実施。スウェーデンにて行なわれた "gg Lock Art Festival 2010 in Skåne of Sweden"に参加。2013年04月、京都芸術センターの展覧会プログラム "re : framing - 表情の空間"にて、会期中週末ごとに、館内の各所でゲストを迎えパフォーマンスを行なう。11月、インド オディシャ州にて開催された"ODISHA BIENNALE 2013"に参加。憧れの国で初のパフォーマンスを行う。

Born in 1983 in Hamamatsu City, Shizuoka Prefecture. Living in Kyoto.
In 2004 he started the live performance on the idea of "TIME PAINTING" by using visual (overhead projector) OHP. Made to improvise on the fly using the color ink and oil liquid, such as water, abstract visual images such as the world of the cell or the empty cosmical space. Recently he is using 3 OHP, overlapping their light, colors and shape, investing the 3 dimension of a room. He collaborate with artists of various fields like musicians, dancers, performer, we are allowed to emerge moments in time, such as a vision of the night to flow.

In 2010, conducted a tour around Scandinavia Sweden and Norway with "Rokugenkin" guitarist / composer. From 2011 he held the event "SENGOKU night." at UrBANGUILD in Kyoto. In 2013, he joined the exhibition "re:framing" in Kyoto Art Center.


Hiramatsu Toshiyuki
http://www.hiramatsutoshiyuki.com/
https://soundcloud.com/hiramatsu_toshiyuki

Genseiichi
https://soundcloud.com/seiichigen
http://genseiichi.com/

Hakobune
https://soundcloud.com/hakobunemusic
http://hakobunemusic.jp/

ieva
http://p0llenrec.tumblr.com/
https://soundcloud.com/ieva


Time Painting :

Akito Sengoku
http://p0llenrec.tumblr.com/artists

どうぞお越しください☆
[PR]
by denka-house | 2014-04-22 00:01 | Live

Solaris vol.5

2013 11月 9日 土曜日 夜 

Solaris  Headphone LIVE vol.5

PollenRec and Denka house present


About 20 headphones available but
You can also bring your own Headphone (1/4inch or 6.3mm stereo)


Saturday 9th of Nov.
open 18h30 / start 19h00 / 1500 yen (incl one drink)


e0197823_22473993.jpg


Artists

Ryusui Tatsumi

https://soundcloud.com/tatsumi-ryusui

いくつかの偶発的もしくは自分で作った楽器を用いて、デリケートでありながらパワフルかつ驚異的な、 ドローンやカタルシスのあるノイズに繋がるアンビエント・テクスチャーを発生させる。

He processes several proper, accidental or self-build instruments to generate delicate, yet powerful and astonishing ambient textures that connect drone and the cathartic side of noise.

Sima Kim

http://simakim.tumblr.com/

sima kim was born in s.korea at 1989, and grew up in europe. He started studying music at 18 years-old and did a degree in musicology after being influenced by western classical and contemporary music. After visiting Germany and India in 2011, he started composing music and has had his music released on several labels - Rural Colours(UK), Twisted Tree Line (UK), Cathedral Transmissions (UK), Stuk Label(JP), and Twice Removed Records (AU). His work has also appeared on some compilations, such as future sequence, mu-nest and mizukage records. His main interest is on the sounds, notes and silences within a state of mindfulness.


Cheekbone

http://cheekbone-log.tumblr.com/
https://soundcloud.com/cheekbone

彼の独特の、流動的で形のないアンビエント・エレクトロニカは、日常生活における人々の生活や話し声、雑音に扇動され、絶えず変化し、自然の成長や、空間を横切る光の腐敗を喚起する。 しかし、現実世界の出来事によって奮い立たせられるよりむしろ、”記憶と残像としてのみ存在する何か”を思い焦がれる、ノスタルジックでメランコリックな切ない感覚を表現する。

Cheekbone’s agile, amorphous brand of ambient electronica is constantly transforming, evoking the growth of nature and the decay of light across space, agitated by human activity and the background chatter and clang of everyday life. But rather than being inspired by real world events, this music expresses an aching sense of nostalgic melancholy, pining for something that only exists as memory and imagination.


ieva


http://www.ieva-li.net/
http://p0llenrec.tumblr.com/

1978年生まれ フランス出身。京都を拠点に活動するマルチメディア・アーティスト。自主レーベ ル「Pollen」主宰。数学・認知科学・音楽インターフェイスの研究を経て、ieva / イエヴァのアー ティスト名で音にまつわるプロジェクトへと発展させる。フィールド・レコーディングで採集し た素材を重層的に構成する手法を用いた彼の作品は、聞き手の想像力を刺激し、印象的で感情的 な宇宙への旅へと誘い出す。それらはさながら耳のために撮られた映画のようである。 さらに彼は実験的な映像作品もいくつか手がけている。抽象的で繊細な作品、デジタル・イメー ジ素材の操作 (ピクサライゼーション、圧縮処理…)、画面を分割した作品などといった抽象的で 繊細なアプローチから制作を開始する。最近は自己生成や相互作用を主題とした作品に取り組ん でいる。 2002年 "the Aquitain Film Music Competition"の実験映画部門にて初受賞。2011年 台湾 (Play Ground URS13)とマニラ (Fete dela WSK!)において2つのマルチメディア・インスタレーション 作品を発表。2012年 実験的映像作家のJacques Perconteのために楽曲を提供する。2013年 最新 LP "il était une fois"がShrine.jpからリリースされる。

curator and organiser of the event. Samuel André is a french multimedia artist. He is main sound work is based on the use of field recording, mixed all together by improvisation, creating an intense and emotionally universe you pass through as a waking dream, stimulate your imagination and moving your body to create your own cinema for ear. In 2002 he won the 1st prize of the Aquitaine movie-music contest in the experimental movie category. During 2011, has presented two multimedia installations for the exhibition playground in Taipei and for the WSK festival in Manille. Has worked with various artists : dancers, composers, videographers, architect, director and instrumentalists & has curated different art event in East Asia. Has recently released album on shrine.jp kyoto record label

dancer

荻野ちよ Chiyo OGINO

京都を拠点とするダンス・カンパニーMonochrome Circusダンサー/振付家としての経験を積む(〜'10年)傍ら、海外でのコラボレーション企画やアートフェスなどに積極的に参加してきた。初音館スタジオでは、コンテンポラリーダンス初級クラス「オギノ式」、新感覚トライアル「なべちゃんと学ぼう(英語編)」にて講師をつとめる。今年10月には双子の未亡人・新作オムニバス公演に出演する(於ギャラリーPARC)。また現代作家・小沢剛の「かまぼこアートセンター」(新潟)レジデンス・アーティストとして、美術界にも足を踏み入れる。 双子の未亡人http://veuvesjumelles.com 初音館スタジオhttp://hatsune-kan.blogspot.jp Belonged Monochrome Circus, one of the biggest contemporary dance company in Kyoto 1996 - 2010. She had taken a part in “the harvest festival” project, which aims to deliver dance performances to various places. It carried out 200 times or more at many cities in Japan, and also over seas. She started a dance unit Twin Widows with Yuka SAEKI since 2003, developing many workshops and performances that make relationship and sense of distance with spectator expand/contract. In this Oct. Twin Widows will present a new pieces at gallery PARC
[PR]
by denka-house | 2013-10-15 21:58 | Live

Headphone Live-Shizen#2

ひさびさにHeadphone ライブを開催します。

ieva 主催のアンビエントミュージックライブです。
GWの最中ですが、是非お越しいただき、流れる音楽と映像をゆっくりお楽しみください。



e0197823_18325451.jpg


PollenRec and Denka house present
Shizen#2
lety s celebrate the day of nature
An night of Ambient and meditative music with experimental video.
Audience is listening throught Headphones.
About 20 headphones available but
You can also bring your own Headphone (1/4inch or 6.3mm stereo)

Saturday 4th of May
open 18h30 / start 19h00 / 1000 yen (incl one drink)



Live Acting :

Hakobune
http://hakobunemusic.jp/
Hakobune AKA Takahiro Yorifuji uses layers of guitar to create the sonic landscapes. Yorifuji is from a small town in Hyogo, Japan and currently resides in Tokyo.


Cheekbone
http://cheekbone-log.tumblr.com/
Cheekbone’s agile, amorphous brand of ambient electronica is constantly transforming, evoking the growth of nature and the decay of light across space, agitated by human activity and the background chatter and clang of everyday life. But rather than being inspired by real world events, this music expresses an aching sense of nostalgic melancholy, pining for something that only exists as memory and imagination.

Andy Couzens
http://vimeo.com/monkeys105ants
Xp Video & contact mic-pen-rubber
Andrew Couzens is a UK multimedia artist based in Kyoto
He studied fine art but eventually branched out into video and sound as his preferred medium for creating installation environments for collaborative and solo works of social and political themes

ieva
http://www.ieva-li.net/
http://p0llenrec.tumblr.com/
curator and organiser of the event. Samuel André is a french multimedia artist. He is main sound work is based on the use of field recording, mixed all together by improvisation, creating an intense and emotionally universe you pass through as a waking dream, stimulate your imagination and moving your body to create your own cinema for ear. In 2002 he won the 1st prize of the Aquitaine movie-music contest in the experimental movie category. During 2011, has presented two multimedia installations for the exhibition playground in Taipei and for the WSK festival in Manille. Has worked with various artists : dancers, composers, videographers, architect, director and instrumentalists & has curated different art event in East Asia. Has recently released album on shrine.jp kyoto record label
[PR]
by denka-house | 2013-05-01 01:40 | Live

Solaris special nuit blanche

金曜日に久々のヘッドフォンLIVEを開催します。

e0197823_181281.jpg

[PR]
by denka-house | 2012-10-02 01:06 | Live

Solaris vol.3報告

先週土曜日 無事ヘッドフォンライブSolaris vol.3を開催いたしました。


e0197823_23452860.jpg

撮影:gotoyoshi


Sean  Roe さんの一曲目 
三回ともフル出演の素敵なキャラクターです。

紙を使っての即興音もまじえたライブで
すぐに会場が静かになり皆さんがヘッドフォンに集中します。

二曲目は 初登場のArms mo Eniumさんのプロジェクションと即興ノイズ音ライブ
ノイズと言っても、何かの固まりが落っこちたような擦れたような 面白い音の数々。
そして日常の環境音とエレクトロニック音が重なってますますヘッドフォンに集中します。

そんな中 スーツ姿の男性がでんかハウスの窓の前でポスターをみながら首を傾げておられたので、一曲どうぞとお誘いいたしました。

50代ぐらいのその男性が会場に入って、みんなと一緒にアンビエントミュージックを聞く光景は
とっても素敵でした。
「どんな曲なんだろうか」と思って。とその男性。
20数名のヘッドフォンリスナーの不思議な怪しい世界としか見えなかったかもしれませんが、
ちょっとだけアンビエントミュージックが伝わったら嬉しいです。


e0197823_0441915.jpg



e0197823_0444548.jpg

そしてライブペインティングのSengokuさんと二回目のライブ登場となる Buddhastickさん。
水玉模様がでんかハウス空間に広がってギターの小刻みな音とで夢の中のようでした。

e0197823_045677.jpg


そして最後はIeva こと サミュエル。
今回最後になるかもしれないというでんかハウスでのSolaris コンサート。
サミュエルの思うSolarisのイメージがようやくsengokuさんの映写によってでんかハウス全体で共有できました。
最後に色がついた世界は鳥の声や水の音などと重なってとっても気持ちがよかったです。

Gotoyoshiさん撮影写真をいただきました☆

More
[PR]
by denka-house | 2011-04-13 01:06 | Live

今週末のお知らせ

なぜだろうか。
またもやヘッドフォンライブの翌昼にガレージセールと
立て続けな企画になってしまいました。

サミュエル最後のヘッドフォンライブになるかもしれません。

e0197823_1315247.jpg



はるのお散歩の途中でお立ち寄りください。

e0197823_1315376.jpg


きっとガレージセールをしながら こののどかさをありがたく思うだろうな。
全国で桜が咲き始めました。
[PR]
by denka-house | 2011-04-06 13:19 | Live

ヘッドフォンライブ2

今回も3組のミュージシャンの方が演奏してくださいました
e0197823_2219302.jpg

e0197823_22242499.jpg

e0197823_22202787.jpg

e0197823_222264.jpg
e0197823_22221965.jpg
e0197823_22223647.jpg
e0197823_22225592.jpg


More.....
カメラマン 後藤さんが撮ってくださいましいた!
雰囲気が出てるしすごくかっこいい写真です。ご覧ください。


More
[PR]
by denka-house | 2010-12-20 22:20 | Live

ヘッドホンライブSolaris vol.2

12月19日(日)ヘッドホンライブ2をします♪
e0197823_1421145.jpg


どんなイベントかは一回目、9月の記事をみてください。

※ヘッドホンの数に限りがあります
。参加希望の方は
この記事にコメントしていただくか、denka.house@gmail.comまでメールお願いします。

詳細はまた後日
[PR]
by denka-house | 2010-12-12 00:26 | Live

Headphone Live in denka-house vol.1

e0197823_2326376.jpg


9月18日 21時より 三組のアーティストによるヘッドフォンライブを行いました。

e0197823_23273470.jpg

ヘッドフォンを放射状に配置するIevaさん。
でんかハウスの土間スペースに配線されていく様子はなかなか面白い風景でした。
e0197823_2330730.jpg


一番目はイギリス人のユニット amalls の skcaj さん。


そして二番目は日本人のヴィデオアーティスト Garden of Ghostsさん。

e0197823_23401456.jpg


e0197823_23483746.jpg
道の外まではみ出て聞く姿も素敵でした。


e0197823_23312491.jpg

そして最後はIevaさんことサミュエルの演奏。

彼の日本で採取した祭りの音とエレクトロニクス音がとても心地よく、各自ヘッドフォンをつけて自分の世界に入ります。そしてそんなみんなのシルエットが時折通り過ぎる車のヘッドライトによる影を受けてそれと音とが溶け合ってとても美しかったです。

今回の企画は三条通り沿いにあるガラス張りのでんかBOXの利点が存分に発揮できた会になったと思います。
皆様のこのラフな場所受け入れてくれるやさしさに感謝しながら、ぜひVol.2を開きたいと思いました。
[PR]
by denka-house | 2010-09-20 23:56 | Live


京都三条通東端にあるイベントスペースの情報発信ブログです


by denka-house

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
event
お知らせ
改装
報告
Live
展示
3.11以降の試み
日々

以前の記事

2018年 04月
2017年 04月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 02月
2014年 04月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月

外部リンク

最新のトラックバック

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧